読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IDOL IDOL IDOL!

寝ても覚めてもアイドルのことばかり。。。

GOT7 Japan tour 2016 幕張オーラス

2016.02.28 sun
@幕張メッセイベントホール
f:id:km4:20160228220516j:plain

行ってきました『モリ↑ガッテヨ』。

アルバムで聴く分には良いが、この日本語曲をライブで耐えられるかどうか…(真顔)と、実は開演前まで不安しかなかった私。
しかし終わってみたらチョー モリ↑ガッタワ!!ヒャッハー!!でした。
つまり、とっても良かったです!!
良かった点を箇条書きで…

1)日本語の上達っぷり(通訳なし!日本語曲多い!コミュニケーションとれてる!)
2)ひたすら踊り、ひたすら歌う(生歌&全員ハンドマイク)
3)全国ライビュ記念、方言で告白
4)マークちゃん無双
5)公式のJJコンビ推し(のぎこちなさ。かわいい)
6)ジュニアちゃんのアカペラ
7)ジェボム先輩の真面目さ
8)ベンベンのモヤシねた
9)ジェクソンのWISH&Good
10)ハングル講座おめでとう!!!

<方言de告白>

ナイス企画!!!
もはや誰がどの地域を担当したかイマイチ記憶ないんですけどね!楽しかったよ!

ヨンジェが福岡(ばり好いとっと~)だったんですけど、九州出身の母が隣で感心していた。ヨンジェは日本語ナチュラルですねえ。耳が良いからかなあ。
JBが東京?ベンベンが名古屋…?あれ…?記憶が…でもみんな上手だった。

<ライビュ組&後方席への気配り>
大事…!そういう気配り…!えらい!!!
アリーナ前列だけが楽しいステージってあるじゃないですか。ライビュ組と後方は置いてきぼりなやつ。

ガッセは、そのあたり、イベントホール&全国31の映画館を抱いてた、ちゃんと。まだ若いのに、素晴らしいステージ掌握力…!いいぞ!!全国ツアーで得た力ですかね。

<全力マークちゃん>
萌え袖でハートを乱発する長男がかわいすぎた。あとサプライズ(後述)でしんみりしちゃうの天使すぎた。

<マイク両手持ちJr.>
難しいパートのとき、マイク両手持ちしちゃうのかわいすぎだよね…。一緒カラオケ行きたい男子No.1だよ…。

<リーダーのトーク力問題>
メンバーが愛嬌アピールをするなか、JBにも振られる→Jr.が「顔は可愛く、ボディはセクシーに」と振る→突然の振りに照れてうまくできない→しきり直し→(タオルの陰で、Jr.を猫パンチ)→なんとかこなす→照れる

という一幕がありました。席位置的に、猫パンチが見えて「あ、事前の打ち合わせなしで、Jr.の無茶ぶりなのか」と察したら、一気に愛しくなりましたよね!!!ふんふん!(鼻息)

※余談※
一昨年のクリスマスライブ時から、何となく感じていたこと。それは我らがリーダーJBのトークの下手さである(あっ!石投げないで!これ誉めてるから!)

リーダーとは、そもそも真面目でストイックである。それが最大の素質。それがゆえに、笑いも、かっこよさも、ステージ進行も、すべて真面目にこなさなければならない。

ビジュアルも性格も頭脳も歌も踊りも平均以上で、トータル力が高いのがリーダー。だが、それが「器用」すぎたらどうだろう?ただの、嫌味なやつである

何でもできてカッコいいけど、ちょっと不器用(もしくは天然ボケ)(もしくはカッコつけても何か違う残念さ)。それこそ、メンバーからもファンからも愛される理想のリーダーなのだ!つまりJB、君はそのままの君でいて…!


<サプライズ
アンコール後に、日本デビューから今日までのダイジェストムービーからのメッセージカード。

ムービーは、本当にサプライズだったようでメンバー阿鼻叫喚。
…だったのは最初だけで、しんみり観賞モードに。たかが2年前なのに、お兄さんになったね~国技館からよく頑張った。

<総論>
マクちゃんが可愛いすぎたのと、ジュニアちゃんが性的すぎたのと、ジェボムが愛されリーダーだったのと、ヨンジェがイケメンだったのと、ジェクがコミュニケーション力の塊だったのと、ベンベンが足長すぎたのと、ユギョムが目に見えて努力してたので、日本BBAは嬉しい。

途中、靴紐がほどけたJr.とユギョムが、慌てず対処してて、まあただ靴紐結び直してるだけなんですけど、「靴紐結んでる~~~泣!」ってえらい感動しました。

ガッセはみんな育ちが良さそう(何度でも言う)。斜に構えたすかした奴や、ナムジャグループにありがちなヤル気なし男やアーチスト気取りもいない。だから、素直にステージが楽しい。

ハングル講座も決まったし、これからまたたくさん進化するんだろうなあ。楽しみです。

2015.12 京都1日目<夜編>

2015.12.12
京都1日目<夜編>

■ホテルで夜食
進々堂で購入した、クロワッサンサンドとクリームパン。ものすごく美味しかった。
f:id:km4:20160125211121j:plain

■穴場のバー
地下鉄からホテルまでは徒歩数分でしたが、その途中に気になる立て看板が…
f:id:km4:20160125211424j:plain

行くしかない!と、ドキドキしながら入り口へ。インターホンを鳴らして、オートロックを開けてもらいます。
扉を開けると…
f:id:km4:20160125211943j:plain
そこは素敵なバーでした。

まずは一杯。フルーツカクテル(ラ・フランス)、目の前でゴリゴリ、果物をジューサーにかけます。これがものすごく美味しい。フルーツ大好きな一人は、絶対飲むべき。他にも多種フルーツありました。

続いてモヒート。今度は棒で、たっぷりのライムとミントをゴリゴリ潰してくれます。イッツ・ソー・フレッシュ!ラムも砂糖も、絶妙!

私が飲んできたモヒートは、ただの人口甘味料とアルコールの味でしたわ……これが真のモヒート……。本当に美味しいなあ。幸せだなあ。

隣のグループは、希少価値の高いらしいウィスキーがある!とマスターと盛り上がってました。

モヒート&カクテルは入り口で、本当はハードボイルドな酒愛好家が来るべき、正統派バーなんだろうな。でも、私のような酒飲めない人間にも優しい、素敵な店でした。
こういう一人でも楽しい店、都内にないものかね…また行きたいです。

■アイラモヒート
http://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26018503/
f:id:km4:20160125213310j:plain

2015.12 京都1日目<後編>

2015.12.12
京都1日目 後編<祇園→二条城→河原町

12月半ばの夜間拝観、シーズン終了した時期のため選択肢は3つのみ。その内の一つだった嵐山ライトアップは、時間に余裕がないため断念!

八坂の塔から高台寺
f:id:km4:20160124005444j:plain
人の流れに乗りながら、八坂から高台寺へ。
高台寺ライトアップ
f:id:km4:20160124005507j:plain
大晦日の時もきれいでしたが、紅葉もまた趣が変わってきれいでした!
特に広い池に木々が映り込み、世界が上下に広がって見える様が幻想的で印象に残りました。
あと、お目当ての「百鬼夜行プロジェクトマッピング」!楽しかった~!!数分の短いものなんですけど、うまいこと庭が使われていて、楽しかったです。

※参考url 産経ニュースへ飛びます~
http://www.sankei.com/smp/west/news/151021/wst1510210093-s.html

■うなぎ かねよ
ガイドブック定番の店へ。観光客だもん(どや)
f:id:km4:20160123234534j:plain

一度ホテルに戻る
ケータイ充電&荷物整理のため一度ホテルへ。徒歩2分の五条駅から、地下鉄で二条城へ。

■二条城ライトアップ
琳派周年企画ということで、とりあえず行ってみました。
地下鉄から地上に出たら、いきなり美しさのカウンターパンチ。きれいだなあ~!
f:id:km4:20160123235123j:plain
ここで期待してしまいました。
f:id:km4:20160124005538j:plain
…もう結論から言うとですね、少なくとも観光客の私は、まじで!本当に!つまんなかったです。1600円に値する感動はなにもない。クレーマーでごめんね?!主催者のみなさま!

…いや、いいんですよ、アートアクアリウム琳派を盛り上げるのも素敵だと思います。金魚ちゃんたちに罪はない。きれいはきれいでした、近くで水槽見ればね……(沈黙)

…………その「近くで」っていうのがさ、広大な二条城のスケールを全く活かしきれていないのですよ!きれいにしつらえられたステージや水槽が並んでる…こんなのさあ、普通の公園でできるわ!!!二条城でやる意味とは!?

……六本木の屋内イベントでのアートアクアリウムは、万華鏡の中にいるような、不思議な空間で飽きませんでした。あれは狭い室内でぎゅっと幻想的な世界が詰まっていたから良いのだなと……逆に悟りましたよね。

高い空、広大な土地、圧倒的な存在感の歴史的建造物……そのなかに、ポツンポツンと水槽やらステージがあると、本当に寒々しい。夢から覚めるわ。

いや、もちろん金魚ちゃんも、デザイナーも、水槽職人さんも、すばらしいと思う。でもさあ……
f:id:km4:20160124000737j:plain
f:id:km4:20160124000755j:plain
f:id:km4:20160124000821j:plain
……このケバケバしい攻撃的な色の世界が、琳派の、伝統の、何をリスペクトしているのかは、私にはわからなかったです…。
着物の柄を金魚の軌道で描く水槽があったんですけど、もはや意味わからん。1600円分、何か感じないと……と頑張りましたが諦めて退散。

もしかしたら、建造物や付随する自然物を楽しみに来た<観光客>向けのイベントではないのかもなあ。それらに日常的に接している、関西圏の人々への、新しい非日常的な美の提案だったのかなあ……(精一杯の歩み寄り)

※上記はただ私の感覚に合わなかっただけなので、何か感動した方は、それが正しいです!偉そうにすみません!

■歩いて烏丸御池
お散歩がてら夜道をふらふら。
目的は「伊右衛門サロン」。
が!結婚式で貸し切り!なんてこったい!
気を取り直して、書店チェック。大垣書店。かわいいディスプレイ。
f:id:km4:20160124002912j:plain

■地下鉄で、再び河原町へ。

京都の繁華街どんなもんじゃい!とふらふら河原町へ。
f:id:km4:20160124005623j:plain
女ひとりでも入れそうな酒場を探していたら、気づいた。
f:id:km4:20160124005655j:plain
学生さんもサラリーマンもめちゃくちゃ楽しそう……!え!京都人、陽気だね!?

チェーン店、個性派居酒屋、赤提灯、割烹、ガールズバー、フーゾク……と、色々なジャンルの店が、路地の表裏にひしめき合っていて、歩いてるだけで楽しい。遊園地か。

小心者のため、土曜夜の繁華街に迷い混むのは諦め、進々堂で夜食を買ってホテルへ……。それがナイスジャッジだったのです。(夜編に続く)

2015.12 京都1日目<中編>

2015.12.12
京都1日目 中編<祇園周辺>

■八坂神社
外国人、多いなあ。みんなド派手な着物着てる。You達が楽しそうで何よりです。
f:id:km4:20160123232453j:plain
友人到着。しかし時すでに夕方。いろいろ拝観時間が終わる!
…そしてケータイ充電が切れかかり、ここから写真を撮れなくなる悲劇。

■縁切り神社 安井金比羅
想像以上に女性参拝者が並んでたので、穴をくぐるのは断念。お札だけ貼ってきました。夕方の曇天も相まって、ちょっと異質な雰囲気…。
f:id:km4:20160123230058j:plain
(あとで周辺がラ○ホ街と知り、因果関係というか…なかなか業の深いスポットだなあと妙に感心。祇園だもんねえ…)

六道の辻
17時を前に、友人が「六波羅蜜寺でおみくじやろう」とひらめき小走りで向かう。途中で寺を発見。行こう!と何となく中へ…。

六道珍皇寺
人がいない。やっと地元民だろうおばあちゃんが1人現れたので、見よう見まねで「迎え鐘」を鳴らしてみる。

■子育て飴
友人の案内で購入。店主の女性が気の良い感じでした。血糖値が上がらないとのこと、すばらしい!

六波羅蜜寺
おみくじというより、もはや統計学を駆使した占い。生年月日を言うとa4サイズの紙を頂けます。もちろん2016年度版。

…ここで友人とお別れし、ギアチェン。怒涛の夜間拝観、スタート…!
(続く)

2015.12 京都 1日目<前編>

2015.12.12
京都旅行1日目 前半<洛南→東山>

紅葉が例年より遅れ、ギリギリすべり込んだ年末京都ひとり旅。金曜夜の関西出張のついでに土日1泊2日でGo(弾丸)

■昼に京都駅着→ホテル@ベース四条烏丸
■とりあえず東福寺

f:id:km4:20160123002437j:plain
f:id:km4:20160123212758j:plain
f:id:km4:20160123212932j:plain
f:id:km4:20160123213013j:plain
f:id:km4:20160123213041j:plain

■迷い混んだ芬陀院
f:id:km4:20160123002814j:plain
こじんまりしたお寺。別名、雪舟寺。入った瞬間、お香の良い香りに包まれます。
受付が無人のとき、拝観料はセルフで器に入れるシステム。いきなり和む。
f:id:km4:20160123003431j:plain
庭園を眺める。他人と距離が空くように、ふすまごとに座布団が。ひとり静かに過ごすのにぴったり。
f:id:km4:20160123003752j:plain
丸窓も。
f:id:km4:20160123223312j:plain

アットホームな雰囲気。漂う空気が柔らかい。焦る気持ちが、なんとなくほぐれる感覚。
知らない土地でふらりと迷い混み、想定外の素敵な何かに出会えるとテンション上がりますよね。

ふわふわと満足感に浸りながら寺をあとに。さてバス停はどちらかな?……そうでした、私、迷子じゃん。グルグル歩いて、何とか往路で使った道を発見。時刻はすでに15時。
f:id:km4:20160123223040j:plain
バス停への道すらきれい。


■途中下車して豊国神社へ

休館中の京博の前を全力ダッシュ。
f:id:km4:20160123185329j:plain
着いた!人すくない!
f:id:km4:20160123185458j:plain
仕事に行き詰まるアラサー、絵馬を購入。
f:id:km4:20160123185608j:plain
バスに乗り、現地在住の友人に会うべく八坂神社へ。(続く)

2015 kpop を振り替える

遅ればせながら…
東方神起入隊という大事変があった2015年を振り返りたいと思います。

「トン曲以外」でベストヒット曲を勝手にセレクト。15曲なのは、絞りきれなかったからです(どや)

※下記はハングルわからん、楽器も弾けない音楽オンチによる、何の根拠もないランキングですw(どやどや)

top15 Fx「Daiamond」

ビクトリア嬢にはいろいろ思うことがあったけども(お察しください)、何か5周くらい回って、今ではビクが可愛く思えてきました記念。

top14 Apink「remember」

陽気な振り付けと、メンバーの笑顔から真夏のキラキラ恋愛ソングかと思いきや…
歌詞翻訳を見たら「リア充かわいこちゃんかと思ったらストーカー」な感じで、おののきましたw
そんな違和感をねじ伏せるナウンちゃんの美貌と、ウンジの歌唱力に拍手。

top13 VIXX「chained up」

エンちゃんの身体能力を称賛したい!
練習室動画を見ると、とにかくエネネンに目がいってしまう。きれいです。
あとヒョギの成長もすごい。

top12 GOT7「 BEFORE THE FULL MOON RISES 」(『Just right』収録曲)

ガッセ版ウルロン(違う)。
ガッセの良いところは、少年が青年になる過程を、爽やかに歌い上げてくれるところだなと。

同年齢の他男子グループが、刹那的で病み系、行き過ぎたエログロ、強面系ヒップホップ、時には社会批判に走り、一発当てにいくなかで、ガッセは一貫して「普通の男子の苦悩や喜び」を歌ってくれているなと。

もしかしたら、それがパンチ力のなさ…と受け止めらるかもしれませんが、それは違うと思うのです。
むしろ、コンセプト優先かつ洋楽路線のKアイドル界において、武器になると思う。
(まあこの道には、爽やか代表B1A4先輩がおりますが!)。
焦らずに、悩まずに、2016年も等身大の男子の恋愛や葛藤を歌ってほしいものです。

曲について話を戻すと、なんかちょっとエロいのですわ(真顔)
欲望と衝動を押さえようとがんばる、健全男子の切なさに、妙な色気がね…!

似た傾向で、前作『identify』収録の「 손이 가 (手が向かう) 」があります。個人的に大好きな曲。
代表して、ジュニアちゃんに歌っていただきましょう。

「エロかわいい」という言葉は、ジュニアちゃんのためにあると思うの…!

ガッセはみんな育ちがいいんだろうなと、いつも勝手に思っています。
親に愛されて育った子達だから、「好きな女子を大切にしたい」男子の心理(喜びも苦しみも)を、素直に歌えるのかなって…(妄想)

top11 VIXX 「Hot Enough」

ケンペンへのご褒美ソング(と、勝手に認定)。
本当にケンちゃんの雰囲気にぴったり。歌うの大変そうだけども…!!

しかしミュージカル、日本活動、カムバ、バラエティーと、ケンケンが多忙すぎやしないかと心配になった2015年。覆面歌王も、アイドルのど自慢も、頑張ったのに不本意な扱いだし…。
なまじ歌もダンスもベシャリもそこそこ何でもこなせるがゆえの苦悩か。
がんばれ中間管理職…!!

top10 2pm「My house」

じわじわと、クセになった曲。
↑の歌謡祭は、伝説になると思う。それくらい、ステージ慣れ感が半端ない。
トンもビクベンも不在の歌謡祭において、PMの存在が本当に大きい。
この曲を知らなくても、2pmを知らなくても、見ている人がみんな楽しい気分になる。
まさにショービズ
これぞエンターテイメント!

top9 Girl's Day 「Hello Bubble」

うっかり聞いたら、なかなか良かった。
心の狭いユノ信者としては、ミナ嬢は敵ですが、仕方ない。(上から目線)

top8 Ailee&seventeen「Q&A」

最初m-floかと思いました(懐かしい)。
バーノンの「昨日も今日も可愛いんだから、それでいいじゃん!」って逆ギレる感じが、すこぶるかわいい。
ステージで歌ってほしかったなあ…。

top7 ペク・チヨン feat. ソン・ユビン 「深夜のカロスキル」

チヨン姉さん、すごいです。
懐かしきオクテとのコラボしかり、年下新人男子の発掘力の高さよ。
お互いの長所をきちんと出しながら、ビジュアル的にも恋人感=ステージ上での対等感を出せるあたり、姉さんの優しさと度量を感じる。

top6 seventeen「adore U」

\(^^)/ユアマイエンジ~ェル\(^^)/
↑を見たのが、セブチ沼にダイブするきっかけになりました。あと砂浜のわちゃわちゃ動画!

top5 b1a4「sweet girl」

毎年、良曲で楽しませてくれるビッポ様。2015年も珠玉のアルバムでした。

彼らの衣装については、もう何も言うまい。↑の動画の時が、唯一、スタイリストを労える衣装である。

top4 ninemuses「dorama

やっぱりナイミュは、明るくて華やかな曲が一番合う。

top3 twice「ミチョナバナ(I must be crazy)」
https://youtu.be/z85OEsm-2MI
GOT7のA-girl、サナぴょんを応援すべく、真面目に視聴しておりました「sixteen」。
その中の課題曲だったミチョナバナ。
キラキラアイドル!かわいい!
「ゴリ社長は、女子の歌については本当に良い仕事するよね」の典型例(超誉めてる)。

top2 MAMAMOO 「Um Oh Ah Yeh」

文句なしの名曲!
毎回、ステージの演出(掛け合い)が変化して、生歌パフォーマンスへの自負を感じた。っていうか、迫力ありすぎてもはやミュージカルの域。

top1 seventeen「mansae(万歳)」

巷で話題の沼製造機、セブチにまんまとはまりました(撃沈)まだ高校生とか………!!!手を出すのが申し訳ない(土下座)

え?誰が好きかって…?
そんなん、地味にガタイが良くて目尻に皺が寄る醤油顔のドギョム君に決まってるじゃないですか…!!

ドギョムちゃん、およびボーカルラインについては、改めて語らせて頂きたい所存…


練習風景を見ると、本当にすごい練習してるんだろーなと恐怖すら感じます。
この子たちの原動力は何なんだろうか…。
来年あたりで息切れしないかな…大丈夫かな…。

あと公式が大量に動画を下さるので、本当にありがたい。
YouTube使うのが上手いよね…。
これだけできるなら、NUESTもAFTERSCHOOLもっと頑張ってやれよ事務所!


さて2016年。
1月にVIXXリリイベ。2月にgot7ライブを控えているものの………

これまでのトンを中心とした、あくまでそれ以外のアイドルは「浮気相手」というスタンスが崩れ、若干、どういう気持ちで若いメンズを追うべきか迷っております。
社会情勢的にも、Kという国の面倒くささに辟易しており、テンション下がるわあ…という感じ。

まあガッセもVIXXも変わらず好きなんですけどね!?

まあトンが帰還したらば、2011年の再来とばかりに、return of the kingで盛り上がっちゃうんだろうけれどもね!?

うーむ。
とりあえず、彼らが「もうちょい待って!会いに行くから!」というので、それまで待とう。未来で待ってる!

Lilyピン ヘアアレンジに重宝

Lilyピン
f:id:km4:20160104184716j:plain
IDEA SEVENTH SENSE(有楽町マルイ店)で衝動買い!したんですけども、超優秀なヘアピンでした!

約10センチ、幅も太いので、がっつりとまります。ハーフアップもサイド寄せも2本あればラクラク。不器用だからね!こういうのありがたい!!
2本セットで2500円くらいでしたー